YouTubeはこちら  Twitterはこちら

【失敗しないカラー選び】ボルボV40おすすめカラーはずばりこれ!

車の選び方

輸入車の販売台数は年々増加しているようですが、日本における輸入車マーケットで特に人気なのがコンパクトハッチバック。

コンパクトハッチバックのセグメントはVWゴルフを筆頭に強豪がひしめいていますが、ボルボのV40は、スカンジナビアンデザインが非常に秀逸で、スタイリッシュさはライバルたちより頭1つも2つも抜けています。

2016年にマイナーチェンジを実施し、新世代ボルボの象徴であるトールハンマーヘッドライトが実装され、よりデザインに磨きがかかったボルボV40ですので、今まさに、ボルボV40への買い替えを検討している人は結構多いのではないでしょうか。

車の購入の際に1番迷うポイントはボディカラー選びだと言われていますが、あなたはどうですか?

ボルボV40は、非常に魅力的なカラーラインナップですから、なかなか決められない!という人は少なくないと思います。

カラー選びを間違ってしまうと、その後のカーライフに多大な影響を与えますからね。

ということで、今回はそんな気になるボルボV40のカラーラインナップの特徴を徹底比較していきたいと思います。

※カラーラインナップは変更される可能性があります。気になるカラーが記事内にない場合は、カラー特性が同じ、近しい色味を参考にしてください。

車の人気カラー

自動車市場の人気のカラーを調査したレポートが、毎年「AXALTA COATING SYSTEMSアクサルタ コーティングシステムズ」から発表されていますが、

世界と日本のボディカラーの人気ランキングは以下のとおりになります。

【世界】 【日本】
1位 ホワイト 39% 1位 ホワイト 35%
2位 ブラック 16% 2位 ブラック 22%
3位 シルバー 11% 3位 シルバー 14%
3位 グレー 11% 4位 ブルー 8%
5位 ブルー 7% 5位 レッド 6%
6位 レッド 6% 6位 ブラウン 5%
7位 ブラウン 5% 7位 グレー 4%
8位 イエロー 3% 8位 その他 3%
9位 グリーン 1% 9位 イエロー 1%
9位 その他 1% 9位 グリーン 1%

やはり人気カラーのトップ3は、海外も日本もホワイト、ブラック、シルバーですね。

昔は海外では白い車は手抜きの色、面白味のない色ということで、敬遠されていて、中古で出した際にはなかなか買い手がつかないと言われていたようですが、今は断トツの人気カラーになっています。

日本の特徴としては、ブラック比率が高く、グレーの人気が薄い点でしょうか。

ボルボV40のカラーラインナップ

ボルボV40のカラーは全14色!

それぞれのカラー別特徴をご紹介していきます。

アイスホワイト

ソリッド系のホワイトなので、日の光を受けたときの輝きは、思わず目を奪われます。

混じりけがないため、発色が非常によく、ハッとする純白をしており、万人受けするカラーといえます。

また、日本ではホワイトのボディカラーは、高級車の代名詞のような扱いなので、所有感も満たしてくれるでしょう。

クリスタルホワイトパール

日本で人気のパール系ホワイト。

クリスタルホワイトパールは、パールの輝きで、見る人を魅了します。

リセールバリューが高いことも特徴の一つで、安定のカラーなのではないでしょうか。

ただ、人気色ゆえに、運転しているとお仲間に遭遇する確率が高い1台といえますので、その辺をどう考えるかでしょうね。

せっかくの輸入車なので、個性を出したいという人には向きません。

ブライトシルバーメタリック

3大人気カラーのひとつであるシルバー。

汚れやキズが目立たないのが一番のメリットです。

明るめのシルバーですので、昼間の太陽の下ではコントラストが飛んでしまって、良さが半減してしまいますが、夜の表情は一変。

ボディの表面で街灯の光が躍り、にわかに躍動感がうまれます。

また、人気カラーですから一定のリセールバリューも望めます。

エレクトリックシルバーメタリック

ブライトシルバーメタリックに、わずかにブルーが足されたような色味をしており、鮮やかさが増しました。

カラー特性はシルバーですから、薄暗い場所で本領を発揮するカラーでしょう。

アマゾンブルー

パステル系の淡いブルーです。

「スポーティー」とか「力強さ」とは対照的で、可愛らしく優しいカラーです。

また、非常におしゃれなカラーですから、乗り手をハイセンスに見せてくれるのも特徴です。

何よりアマゾンブルーは、コンパクトでどこか可愛らしいV40のキャラクターにとてもマッチしていますね。

マッセルブルーメタリック

特徴的な淡いブルーが美しく、光の当たり具合で見え方が多様に変化し幻想的です。

また、淡いブルーは見ためも爽やかですから、ファミリーユースに最適かもしれませんね。

デニムブルーメタリック

ぱっと見はブラックにも濃いめのグレーにも見えますが、よく見るとじゃっかん紺色がかった色味をしています。

この、ぱっと見たときの色と、近くでよく見たときの色に違いがあるのがミソで、見かたによって表情を変える色というのは、見ていてとても楽しい色といえます。

飽きがこないので、長く付き合えるカラーなのではないでしょうか。

オスミウムグレーメタリック

近年グレーメタリックをイメージカラーに採用する車が増えています。

特に欧州の高級ブランドの車はこのカラーが非常にマッチします。

コントラストがくっきりと浮かび上がりますので昼夜を問わず美しくウェットに輝きます。

オニキスブラックメタリック

メタリック系のブラックです。

ブラックは力強さを象徴するカラーですから、愛車をタフに演出してくれるでしょう。

近くで見るとメタルの煌めきが美しく、また遠目から見ると、光を受けてウェットに輝き見る人を魅了します。

力強さと美しさを兼ね備えているなんて、素敵ですよね。

ソリッド系のブラックよりはましですが、キズや汚れがつきやすい点は覚悟が必要でしょう。

ブラック

ソリッド系のブラックなので、多少扱いは難しいかもしれません。

ボディーカラーの中でも1番キズや汚れが目立つ色で、洗車時の拭きキズにも注意が必要なほどです。

ただ、ワックスがけが終わった後の漆黒は、心を奪われるような高級感を放ち、全カラーの中でもナンバーワンの美しさと言えます。

ルミナスサンドメタリック

BMW X3のスペシャルカラーである「サン・ストーン」に似た色です。

少しゴールドっぽい色味が入っていて非常に高級感があります。

エレガントという意味においては、間違いなく全カラーで1番でしょう。

フュージョンレッドメタリック

鮮やかに燃えるメタル系のレッドです。

レッドはスポーティー特性の強いカラーで非常にエネルギッシュです。

また、フュージョンレッドメタリックは明るめで鮮やかな色味をしているので、非常に若々しい印象です。

もちろん若い人にはマッチするカラーですが、こんな動的なカラーの車から、落ち着きのあるおとなの感じの人が降りてきたら、かなりカッコいいですよね。

パッションレッド

ソリッド系のレッドで、名車「240」で採用されていた、ボルボ伝統のレッドです。

古くからのボルボファンには鉄板のカラーで、ボルボ全体でいうとトップ3に入る人気カラーなのだそうです。

熱き血潮のような真紅のV40が、街中を走っているところをイメージしただけで、ぞくぞくしてきますよね。

「注目される度」は間違いなくナンバー1でしょう!

バースティングブルーメタリック(R-Design専用カラー)

ヨーロッパでは人気の、メリハリのあるメタリックブルーです。

青空の下で日の光を受けると鮮やかな輝きを見せますが、逆に夜はブルーの色味が深くなり落ち着いた雰囲気に一変します。

メタリックブルーはスポーティー特性を持ったカラーですから、コンパクトなハッチバックには非常にマッチします。

わたしが選ぶとしたらずばりアマゾンブルー!

V40はカラーバリエーションが豊富でどれもカッコいいのですが、やはりコンパクトカーにはソリッド系のパステルカラーが1番合うのではないでしょうか。

特にアマゾンブルーは、可愛らしくオシャレなカラーですから、V40のキャラクターを引き立ててくれます。

そして鮮やかな淡いブルーがV40を、より洗練された車体に見せてくれるように感じたのでした。

あなたはどの色が気になっていますか?

ぜひ一度、ディーラーで実車を見てみてくださいね^^

ボルボV40をお得に買うために

【VOLVO V40】 ※2020年4月時点 新車価格 中古価格
T2 Kinetic 304万円 138~238万円
T3 Kinetic 345万円 129~249万円
T3 Tack Edition 374万円 207~311万円
T3 Momentum 391万円 128~319万円
T3 Inscription 421万円 159~268万円
T3 Classic Edition 435万円 259~435万円
T5 R-DESIGN Final Edition 477万円 357.0万円
D4 Kinetic 375万円 220~268万円
D4 Momentum 421万円 165~328万円
D4 Inscription 452万円 168~349万円

車のボディカラーが決まったら、そろそろ車選びも佳境に入ってくると思います。

頭の中で近場のディーラーを思い浮かべている人もいるかもしれません。

もし今乗っている車を売って買い替える予定!という方にはディーラーに行く前にやっておけるオススメの事前準備があります。

それはとても簡単なことなんですが、自分の愛車がいくらで売れるのかを調べておくこと。 

事前に売却相場額を確認しておくと…
  1. 相場を知る事で売却額の交渉ができる
  2. ディーラー提示額が高いか安いか正しい判断ができる
  3. 相場額より安く売ってしまうという失敗を避けられる

面倒だからディーラー下取りで良い!というのももちろんありです。

ただ、車種によっては30万円以上差が出てくる可能性があるので、相場額だけでも調べておくといいかもしれませんね。

\ 45秒でわかる!! /

事前に相場額を調べる方法は車の一括査定サイトがおすすめです。

一括査定がおすすめの理由
  • 来店不要
  • ネットでかんたん・登録無料
  • 相見積もりを一気に確認できる

愛車が高く売れれば、そのぶんV40を買いやすくなりますし、贅沢なオプションを付けることもできますからね。

電話が嫌!一括査定以外で車を高く売る方法は?

車一括査定を利用すれば高価買取が実現する事はおわかりいただけたと思いますが、

複数の買取店からの電話や査定の対応がストレス!

という人には「ユーカーパック」という手があります。

\かんたん、安心、高く売れる!/

以前に比べると知名度もかなり上がってきましたが、ユーカーパックとは申込サイトに登録すると、電話連絡や査定対応はユーカーパック1社だけが実施し、それでいて最大5,000社が参加するオークションに愛車を出品できる為、相場の買取価格よりも高値が付きやすいというまったく新しい査定の形となっています。

気になる人はこちらの記事もチェックしてみてください!!

>>【ユーカーパック徹底解説!】車一括査定と比べてお得なのはどっち?

買取相場より30万円以上高く愛車を売る方法

  • ディーラーで下取りしてもらおうと思っている
  • 査定出すの面倒だし
  • どうせ大した価格つかないでしょ

と何もしないままだと、場合によって数十万円損をすることがあります。

どうせなら、1万円でも高く売りたくないですか??

\ 45秒でわかる!! /
ディーラーの下取りだけで売却を決めてしまうと、
愛車の本当の価値で価格をつけてもらえたとはいえません。

複数業者に相見積もりをとると適正価格の把握ができる。

また、競わせることで査定額が跳ね上がるということもあります。

ディーラーに行く前に一括見積で愛車の価格を査定しておく事がとても大切です。

売ってしまってから、相場を知って後悔しないように

スマホで簡単にわかる。カンタン無料一括査定で賢く情報収集しておきましょう。

愛車の最高額がわかる!45秒一括査定依頼はこちら

車一括査定おすすめのサイト

ナビクル車査定【無料】

◆45秒で愛車の概算価格もすぐにわかる!!
◆一流業者の安心査定 信頼と実績のある車買取業者がしっかりとサポート
◆最大10社からあなたの愛車の一番高い買取り価格がまるわかり!

ユーカーパック【無料】

◆電話も査定も1社だけなので煩わしくない!
◆最大5,000社以上の公開入札で相場より高く売れる

ズバット車買取比較【無料】

◆下取りよりも平均で16万円も高く売れた!
◆有名業者から、地域密着の業者まで207社の買取り業者が参加!日本最大級規模!

車の選び方
スポンサーリンク
クルマ好きな夫と嫁のカーライフブログ car-nico

コメント

タイトルとURLをコピーしました