YouTubeはこちら  Twitterはこちら
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

5人家族におすすめ!最高のファミリーカー選びのポイントと車種紹介

車の知識

家族みんなで出かける際に欠かせないファミリーカーは、快適なドライブや家族の成長にも寄り添えるような選び方が求められます。

特に、5人家族という多様なニーズが重なるケースでは、どのように選べばより快適になるのか、お悩みの方も多いことでしょう。

クルマの種類が多すぎて

どれがいいのかわからない。。。

そこで、今回のブログでは、5人家族にピッタリのファミリーカー選びについて、家族構成や子供の年齢を考慮したポイントやオススメの車種をご紹介します。

これからファミリーカーを購入する予定だという方はもちろん、現在の車が家族に合っているかアドバイスを求めたい方も、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んでわかる事
  • ファミリーカーを選ぶときのポイント
  • 子供の年齢に応じたオススメ車種
  • 家族構成別の選び方
  • 5人家族におすすめする車種
\ 45秒でわかる!! /

ファミリーカーを選ぶときのポイント

ファミリーカーを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントがあります。

以下では、ファミリーカーを選ぶ際に考慮すべきポイントを紹介します。

乗車人数に合わせた選択

まず、ファミリーカーを選ぶ上で最も重要な要素は乗車人数です。

家族全員が快適に乗車できるようにするためには、

家族の人数に合った車種を選ぶ必要があります。

また、近くに住む親族や子供の友達などを乗せる可能性も考慮に入れると良いでしょう。

乗車人数が多い場合は、余裕を持った車を選ぶことがおすすめです。

ボディサイズと使い勝手のバランス

次に、ボディサイズが重要な要素です。

車内に必要な荷物を積む場合や、趣味の道具を運ぶ場合などは、大きい車の方が便利です。

しかし、大きい車ほど維持費がかかるだけでなく、小回りが利かなくなることもあります。

自宅周辺や頻繁に使う道が狭い場合は、無難に大きな車を選ばない方が良いでしょう。

荷室の使い勝手と容量

荷室も重要なファクターです。

日常の買い物程度ならば軽自動車やコンパクトカーでも問題ありませんが、ベビーカーやアウトドア用品を頻繁に積む場合は注意が必要です。

荷室の広さだけでなく、荷物の出し入れや積み込みのしやすさも考慮しましょう。

シートアレンジの便利さ

シートアレンジも重要なポイントの一つです。

シートがフルフラットになるかどうかは気になるところですが、実際にはその機会はそう多くありません。

重要なのは、シートのスライド量や可倒方式、格納法などです。

家族のニーズに合わせたシートアレンジができる車種を選ぶと良いでしょう。

安全性能の確認

ファミリーカーを選ぶ際には、安全性能も忘れてはなりません。

家族の安全を守るためには、安全装備の充実した車種を選ぶことが大切です。クラッシュテストの結果や安全性能の評価などを参考にし、安全性に配慮した車種を選びましょう。

これらのポイントを踏まえながら、自分や家族のニーズに合ったファミリーカーを選ぶことが重要です。

家族の成長やライフスタイルの変化に合わせて、最適な車種を選びましょう。

\ 45秒でわかる!! /

子供の年齢に応じたオススメ車種

子供の年齢に合わせて適切な車種を選ぶことは、安全なファミリーカーアイフを送るために非常に大切です。

ここでは、子供の年齢に応じたオススメの車種を紹介します。

幼児期(0歳〜3歳)

幼児期のお子さんはベビーシートを使用しますので、背もたれの角度が調整可能な車種がオススメです。

また、ベビーシートの脱着が簡単なISOFIXに対応しているかも忘れずにチェックしておきましょう。

子供が0歳~3歳におすすめ!

ミニバン: 広い車内空間 スライドドア ベビーシートの取付が楽

・軽ハイトワゴン: 広い車内空間 小回りが利く スライドドア 維持費

広い車内空間とスライドドア、ここはマストで欲しい環境です。

また、大きい車は不安!維持費はなるべく抑えたい!

そういう人には軽ハイトワゴンがおすすめです。

幼児期〜小学生(3歳〜12歳)

幼児期から小学生にかけてはチャイルドシートを使用します。

お子さんの安全性と快適性を考慮し、広い車内空間や機能性が重要になります。

子供が3歳~12歳におすすめ!

ミニバン: 広い車内空間 スライドドア シートアレンジ 

・SUV: アウトドア 旅行 悪路

広い車内空間と多機能なシート配置が可能なミニバンは、幼児期から小学生までのお子さんにとって快適で使いやすいです。
アウトドアや旅行など、アクティブな活動にも対応しているSUVは、お子さんが成長しても利用しやすい車種です。

中学生〜高校生(12歳〜18歳)

中学生から高校生にかけては、お子さんの成長に合わせて快適性やスタイルなども重要になってきます。

多目的に使える車種や高性能車が人気です。

子供が12歳~18歳におすすめ!

ステーションワゴン: 荷室の広さ アクティブ 走行安定性

SUV: アウトドア 旅行 悪路

コンパクトスポーツカー: スタイリッシュ 走行性能 

荷室の広さやシートの配置の自由度が高いステーションワゴンは、スポーツや趣味の道具を積んだり、友人を乗せたりするのに便利です。

SUVは子供がある程度大きく成長してからも活躍が期待できますね。

また、子供が大きくなっ家族旅行などなくなってくると、スタイリッシュで高性能なコンパクトスポーツカーも選択肢に入ってきます。運転の楽しさを味わえて、移動するだけではない趣味としてのドライブが楽しめます。

お子さんの年齢に合ったオススメの車種を選ぶことで、家族全員が快適に過ごせます。安全性や使い勝手にも配慮し、適切な車種を選ぶことが大切です。ぜひ、上記のポイントを参考にしながら、ご家族に合ったファミリーカーを選んでください。

\ 45秒でわかる!! /

家族構成別の選び方

ファミリーカーを選ぶ際には、家族の構成に合わせて最適な車種を選ぶ必要があります。

以下のポイントに注意しながら選びましょう。

人数に合った車種を選ぶ

まずは家族の人数に応じて適切な車種を選びましょう。

ただし、人数だけでなく、荷物やスペースの確保も考慮する必要があります。

以下は、家族の人数に応じたおすすめの車種の例です。

  • 2~3人家族:軽自動車、コンパクトカー
  • 4~5人家族:SUV、ミニバン
  • 6~8人家族:ミニバン

ただし、これは一例であり、家族の好みや利用目的によって選ぶことが重要です。

利用目的に合った車種を選ぶ

家族の利用目的にも応じて車種を選ぶことが重要です。

通勤や買い物に使用する場合は軽自動車やコンパクトカーが適しています。

一方、アウトドアや旅行に出かける際にはSUVやミニバンが便利です。

以下は、利用目的別のおすすめの車種の例です。

  • 日常利用:軽自動車、コンパクトカー
  • アウトドア利用:SUV、ミニバン

快適な移動をするために、利用目的に合った車種を選びましょう。

予算や安全性能、駐車場のサイズを考慮する

ファミリーカーを選ぶ際には、価格だけでなく、予算、安全性能、駐車場のサイズも考慮しましょう。

予算に応じた車種を選ぶことで、経済的に車を維持することができます。

家族の安全性も重要な要素です。

安全性能が高い車種を選ぶことで、家族の安全を確保することができます。

さらに、自宅の駐車場のサイズも車種選びのポイントです。

車種ごとに異なるサイズがあるため、自宅の駐車場に収まるかどうかも事前に確認しましょう。

これらのポイントに注意しながら、家族の構成に合った最適なファミリーカーを選ぶことが大切です。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

5人家族におすすめする車種

cars

5人家族には、広々としたスペースや高い安全性能を備えた車種がおすすめです。

以下では、5人家族に最適な3つのファミリーカーをご紹介します。

トヨタ ノア・ヴォクシー

ノア・ヴォクシーは、トヨタの3列シートミニバンです。

2022年にフルモデルチェンジを実施して、乗り心地や安全性能などが大幅にアップデートされました。

車内も広く、5人家族プラスアルファでの利用が可能で幅広い用途に使えます。

主なスペック

全長:4,695mm~4,710mm

全幅:1,695mm~1,735mm

全高:1,825mm~1,895mm

燃費

ガソリン:14.3km/L~15.1km/L

ハイブリッド:22.0km/L~23.4km/L

価格

ノア:2,670,000円(税込)~3,890,000円(税込)

ヴォクシー:3,090,000円(税込)~3,960,000円(税込)

ホンダ ステップワゴン

ステップワゴンは、ホンダの3列シートミニバンです。

ミニバンの元祖と言えばステップワゴンですが、現行型は6代目。

シンプルで飽きのこない秀逸なデザインが特徴的です。

普段の基本的な走行はモーターが担い、高速走行時には効率のいいエンジン走行に切り替わる、独自のハイブリッドシステムe:HEV(イー・エイチ・イーブイ)も特徴ですね。

主なスペック

全長:4,800mm~4,830mm

全幅:1,750mm

全高:1,840mm

燃費

ガソリン:13.1km/L~15.4km/L

ハイブリッド:19.5km/L~20.0km/L

価格

3,053,600円(税込)~3,912,700円(税込)

日産 セレナ

セレナは日産の3列シートミニバンです。

ド迫力な大型グリルデザインが目を引く6代目セレナは2022年の12月にデビューしています。

高速道路上での追い越し等のレーンチェンジ、手離し運転ができるプロパイロット2.0やモーター走行のe-POWERが特徴です。

主なスペック

全長:4,690mm~4,810mm

全幅:1,695mm~1,725mm

全高:1,870mm~1,895mm

燃費

ガソリン:11.6km/L~13.4km/L

ハイブリッド:18.4km/L~20.6km/L

価格

2,768,700円(税込)~4,798,200円(税込)

ミニバンは大きすぎて運転が怖い!という人にはコンパクトミニバンという選択肢もあります。

ホンダ・フリード+

ホンダ・フリード+は、快適なミニバンで、5人乗りに最適です。ホンダ車の中でとても人気があり、コンパクトなミニバンとしても使用することができます。家族での利用や車中泊にも対応しており、多岐にわたるシーンで活躍します。

主な車両スペック:
全長: 4,265mm
全幅: 1,710mm〜1,735mm
全高: 1,695mm
価格: 2,182,400円〜3,040,000円

トヨタ・シエンタ

トヨタ・シエンタも、5人乗りのファミリーカーとしておすすめです。2022年にフルモデルチェンジが行われ、安全性能や快適性能が更に向上しました。荷室スペースも広いため、たくさんの荷物を積むことができます。

主な車両スペック:
全長: 4,260mm
全幅: 1,695mm
全高: 1,695mm
価格: 1,950,000円〜3,108,000円

以上が、5人家族におすすめのファミリーカーです。自身の家族構成やライフスタイルに合わせて、ぜひ選んでみてください。

まとめ

ファミリーカーを選ぶ際には、家族の構成やライフスタイルに合わせて最適な車種を選ぶことが重要です。

乗車人数や利用目的、予算、安全性能、駐車場のサイズなどを考慮しながら、全員が快適に過ごせる車を選びましょう。

ぜひ、上記のポイントや車種の情報を参考にしながら、理想のファミリーカーを見つけてください。

家族との楽しいドライブや快適な移動が待っています。

さあ!ここからは愛車を高く売る方法について解説していきます!

もはや常識!あなたは使ってる?「車一括査定」

【車一括査定のメリット】
・スマホで45秒!簡単に申し込みできる
・一度で複数社から見積を取れる
・愛車の買取り相場をその場で確認

一括査定の最大のメリットは愛車の買取り額の相場を正確に知る事ができることです。

1社だけだと出された金額が妥当なのか正しい判断はできません。

結果言い値で売却することになり損する事も。。。

一方で複数社で見積もりを取ると…

  • 買取り金額の相場を確認できる
  • 競争原理が働き買取額アップも

申し込み後すぐに買取り相場を見る事ができるのも◎。

相場を知っているだけでディーラーで下取りをお願いする場合にも金額交渉の材料として使えます。

事前準備として一括査定を利用する〜という方法も非常にオススメです!!

\ 45秒でわかる!! /

車一括査定のデメリット

一括査定のデメリット(注意点)もあります。

それはずばり…

「申し込み後に電話が殺到する事」です。

私も初めて使った時にビビった記憶があります笑。

でもこれはある意味喜ばしいことで、

あなたの車に需要があるということですよね。

誰からも電話来なかったら…逆に切ない気もしますね…ぴえん。

このデメリットへの対策はシンプル。

「時間がある日に申し込むこと」

電話がかかってき欲しくないタイミングを避けるだけでOK。

一番高く買い取ってくれる優秀な担当さんに出会えますように^^♪

車一括査定おすすめのサイト

ナビクル車査定【無料】

◆45秒で愛車の概算価格もすぐにわかる!!
◆一流業者の安心査定
◆信頼と実績のある車買取業者がしっかりとサポート
◆最大10社からあなたの愛車の一番高い買取り価格がまるわかり!

MOTA車買取【無料】

◆やりとりは高額査定の3社(最大)だけ
◆厳選された高値買取店との交渉のみでOK!
◆複数社がオンライン査定、翌日18時に査定額を一斉表示

ズバット車買取比較【無料】

◆下取りよりも平均で16万円も高く売れた!
◆有名業者から、地域密着の業者まで207社の買取り業者が参加!日本最大級規模!

車の知識車の選び方
スポンサーリンク
シェアする
クルマ好きのカーライフブログ car-nico

コメント

タイトルとURLをコピーしました