YouTubeはこちら  Xはこちら
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ローン残ってるけど車買い替えは可能?残債ありの「オーバーローン」とは

車の選び方

車を買うときに、ローンを組んで購入する方は多いと思います。

まだローン残ってるけど、どうしてもあの車が欲しい!

という、方もいるのではないでしょうか?

その気持ち、痛いほどわかります!

そこで、今乗っている車のローンが残っている状態で次の車を買う(ローンを組む)ことは可能なのかまとめました。

ローンありでも買えるの?

結論から言うと、返済途中に新ローンを組んで買い替えることは可能です。

まず最初に「車の所有者名義」の確認をしましょう。

車検証中央に記載の「所有者の氏名または名称」という欄で確認可能です。

下記のどちらかによって、手順が変わりますのでそれぞれ説明します。

  • あなた自身の個人名義
  • 信販会社や販売業者の名義

個人名義の場合

所有権がすでに自分の名義の場合、車はもうあなたのものです。

したがって、すぐに買い替え(売却)の手順に入れます。

欲しい車がすでに決まっていれば、ディーラーへ持ち込み下取りしてもらったり、買い取り業者に依頼し、査定額で売却することができます。

それぞれの売却方法にメリット・デメリットがありますが、

  • 売却後のお金の用途について自由度が高い
  • 高値がつきやすい

上記2点から、「買取り専門業者への依頼」がより有効な手段といえます。

今の車の値段を調べること

残っているローンを、その車の売却額で返済できるのが理想的。
ましてや売却額が更に高くついたら、新しい車の資金に使えるので最高。

そこで必ずすべき事。

今乗っている車が「今だったらいくらで売れるのか」を確認しておくことがとても重要となります。

他人名義だったら

所有者の名義が本人でない場合は、まだあなたの車になっていません。

したがって、勝手に売却することができない段階にあります。

その場合はどうすれば良いのでしょうか?

残りのローンを完済する

残債を現金一括で返済するなど、ローンを綺麗に終わらせる必要があります。

その後、所有者の名義を個人名義に変える手続きを経てはじめて売却が可能です。

しかし…

そんなお金あったらローンなんて組まんわ!

という方も多いと思います。

でも大丈夫です。安心してください。

そんな方でも買い替えが可能となる手段があります。

ディーラー・業者に相談

新しい車を買いたい業者に「今の車のローンが残っている」と相談してみてください。

名義変更の手続きを代行してくれたり、

ローンの残り+次の車の購入費用を一本化し、オーバーローンとして組みなおすことができる(独自のプランを用意している)業者があります。

一本化して組みなおすことで、月々の返済額を現在の生活に合わせて再調整することができるので、すぐに大金を準備することなく買い替えの手順を踏むことができるのがメリットです。

返済する元金は減らない(金利によっては増える)ので十分に検討してください

自分で名義変更する場合

上記で説明したように、代理で名義変更を行ってくれるところもありますし、自分で手続きすることももちろん可能です。

その場合は自動車の所有権の解除手続きを、住所を管轄する陸運局(運輸局・支局)へ行き実施。

所有権解除手続きと車の名義変更手続きを同時に行います。

事前に準備する書類は下記のとおりです。

売却する本人が用意する書類

  • 印鑑証明書(自分の印鑑証明)
  • 自動車税納税証明書
  • 印鑑
  • 車検証
  • 申請書
  • 手数料納付書

所有者に用意してもらう必要がある書類

  • 印鑑証明書(所有者の印鑑証明)
  • 譲渡証明書
  • 委任状

ディーラーローンは金利が高い

残債があっても、別で新規ローンを組めることがあります。

ディーラーや販売店の用意したローンを組む場合です。

独自の条件で比較的どんな人でもローンを組めるようにハードルが低く設定されている場合が多いのですが、その金利相場は5%~8%と、とても高い。

低金利キャンペーンなど実施している場合もあるので一概には言えませんが、大抵は総支払額が増えてしまうので、賢い選択とはいいがたいのが現状です。

低金利の銀行探しについて

そこで活用したいのが銀行のマイカーローンです。

ディーラーや販売店のローンに比べその相場は1.3%~5.5%と比較的低めの金利設定が見受けられます。

「銀行のローン」と聞くとお堅いイメージがありますが、ネットでカンタンに検索が可能です。

おすすめの最新情報|マイカーローン/自動車ローン/オートローン検索・比較・シミュレーション・申込みならイー・ローン
...

オーバーローンは危険

ここまで、ローン返済中でも買い替えできちゃうよ!

という内容をサクっとお伝えしてきましたが、この手段を踏む前に必ず十分に検討してください。

というのも、この手段は単純に言うと「ローンにローンを重ねてる状態」なのです。

つまり、肝心の元金は残ったまま。

ヘタすると次の買い替えでも同じことを繰り返す可能性があり、負の連鎖になりかねません。

金利で支払総額を必ず確認!

金利とかイマイチピンとこない

3%?低いから問題なさそうに思えちゃう

数学が弱い&宵越しの銭は持たぬ勢いのわたしたち夫婦はいつもこんな会話をしてます。

しかし!こんなノリでローン組むのは非常に危険です。

しっかりと計算&想定しましょう。

例)200万円ローンを組む場合。
金利:3.9% 5年払い
⇒総支払額:約220万5千円

なんと金利手数料として20万円以上も多く取られてしまうのです。

家族で沖縄旅行できちゃうよ~

カンタンにシミュレーションできるサイトがあるので、是非活用してみてくださいね。

自動車ローンのシミュレーション

月々の支払額、いくらが理想?

現在ローンを組んで車を購入している人たちはどのように返済をしているのでしょうか?

  • 頭金は平均50万円前後
  • 月々の返済額は2万~3万円ぐらいが平均
  • 返済月数については、60回払い(5年)前後

上記が全体における傾向としてみられます。

低金利が続いていること、頭金が少なくて済むことから長期で返済する人が増えているようです。

また、各社が用意している残価設定プランもじわじわ人気を伸ばしています。

まとめ

  • ローンが残っていても買い替えはできる
  • でもオーバーローンはやっぱり危険を含んでる
  • できる限り資金を貯めてから買い替えるのが一番!

という事ですね。

欲しい車がみつかるとテンション上がって突っ走りそうになってしまいますが、一度冷静に。

しっかりプランを練りましょうね。

もはや常識!あなたは使ってる?「車一括査定」

【車一括査定のメリット】
・スマホで45秒!簡単に申し込みできる
・一度で複数社から見積を取れる
・愛車の買取り相場をその場で確認

一括査定の最大のメリットは愛車の買取り額の相場を正確に知る事ができることです。

1社だけだと出された金額が妥当なのか正しい判断はできません。

結果言い値で売却することになり損する事も。。。

一方で複数社で見積もりを取ると…

  • 買取り金額の相場を確認できる
  • 競争原理が働き買取額アップも

申し込み後すぐに買取り相場を見る事ができるのも◎。

相場を知っているだけでディーラーで下取りをお願いする場合にも金額交渉の材料として使えます。

事前準備として一括査定を利用する〜という方法も非常にオススメです!!

\ 45秒でわかる!! /

車一括査定のデメリット

一括査定のデメリット(注意点)もあります。

それはずばり…

「申し込み後に電話が殺到する事」です。

私も初めて使った時にビビった記憶があります笑。

でもこれはある意味喜ばしいことで、

あなたの車に需要があるということですよね。

誰からも電話来なかったら…逆に切ない気もしますね…ぴえん。

このデメリットへの対策はシンプル。

「時間がある日に申し込むこと」

電話がかかってき欲しくないタイミングを避けるだけでOK。

一番高く買い取ってくれる優秀な担当さんに出会えますように^^♪

車一括査定おすすめのサイト

ナビクル車査定【無料】

◆45秒で愛車の概算価格もすぐにわかる!!
◆一流業者の安心査定
◆信頼と実績のある車買取業者がしっかりとサポート
◆最大10社からあなたの愛車の一番高い買取り価格がまるわかり!

MOTA車買取【無料】

◆やりとりは高額査定の3社(最大)だけ
◆厳選された高値買取店との交渉のみでOK!
◆複数社がオンライン査定、翌日18時に査定額を一斉表示

ズバット車買取比較【無料】

◆下取りよりも平均で16万円も高く売れた!
◆有名業者から、地域密着の業者まで207社の買取り業者が参加!日本最大級規模!

車の選び方
スポンサーリンク
シェアする

コメント

タイトルとURLをコピーしました