YouTubeはこちら Twitterはこちら

【新型フォレスター試乗レポート】プレミアムカーのような走り出しに感動!

フォレスターの写真試乗レポート

フルモデルチェンジをへた「新型フォレスター」が、2018年7月19日に販売開始されました。(マイルドハイブリット仕様のAdvanceは9月14日発売)

今回のモデルチェンジで5代目になるフォレスターですが、新型プラットホームの採用や、ターボの廃止、ハイブリットの新設など、かなり挑戦的なモデルチェンジになっています。

はたして、肝心の走りはどうなっているのでしょうか。

実際の試乗をもとに新型フォレスターの紹介をしていきたいと思います。

フォレスターのラインナップについて

ガソリンモデルは3種類。

  • スタンダードモデルの「Touring ツーリング」
  • アクティブユーザー向けの「X-BREAK エックスブレイク」
  • 上級グレードの「Premium プレミアム」

パワートレインは共通で2.5リッターNA直噴エンジンとなっています。

先代が2.0リッターだったので、パワーアップしているようですね。

この中で、今回は、「X-BREAK」に試乗してきました。

エクステリアとインテリア

エクステリアに関しては、がっちりとキープコンセプトされており、ぱっと見た感じは先代との違いがわからないほどです。(昨今のBMWのモデルチェンジみたいですね)

ということで、おなじみのソリッドな外観は、相変わらず武骨で男らしく、それでいて細かなところのデザインはシャープに形作られています。

見れば見るほど心を奪われていく特徴的なエクステリアデザインは、もはやチェンジする必要がなかったと言うことなのかもしれません。

↑ 旧インテリア

↑ 新インテリア

インテリアに関しても、大幅な変更はなく、細かな点の変更のみになっています。

エアコンの吹き出し口が縦長になり、新型クラウンのようなデザインに変更されている点や、センターコンソールのドリンクホルダーの配置が横に2コ並んだ形に変更されているくらいですかね。

エクステリアとインテリアのデザインに関しては、先代のフォレスターがかなりかっこ良かったので、大幅に変更する必要がなかったということもできますが、個人的にはもう少しトピックスがあったほうがよかったのかなという感想です。

新型フォレスターの特徴

新プラットフォーム、「スバル グローバル プラットフォーム」の採用により強靭なボディー剛性を手に入れ、走行安定性が格段に向上。

  • プリクラッシュブレーキ
  • 後退時自動ブレーキシステム
  • 全車速追従機能付きクルーズコントロール
  • 車線逸脱抑制

など、アイサイトの多彩な機能。

試乗レポート

まず、運転席に乗り込んでみて感じることは、視認性の良さでしょう。

いろいろなSUVに乗りましたが、死角の少なさはフォレスターが断トツで1番です。

運転席前方の視界から、後方の視界まで、かなりクリアに確保されています。

これは、サイド後方の窓ガラスを斜めにカットしていたり、リアゲートが他のSUVに比べ垂直に立ち上がっていることが、視認性の確保につながっているとのことでした。

これにサンルーフのオプションなんかを付けると、かなり開放的な車内空間になるはずです。

走りだしは、しっとりと上質。

高級車の感覚で、静かにスゥーっと走り出します。

また、路面に吸い付くような安定感はフルタイムの4WDのなせる業なのでしょうか。

その乗り味は……ちょっと感動ものでしたね。

足まわりはやや固めですが、サスペンションのストロークが豊で、路面の凹凸もちゃんといなし、フラット感もしっかりしていました。

操舵の正確性も素晴らしく、気持ちよく運転できます。

ステアリングは、トヨタCH-RやマツダCX-5よりは重めですが、重すぎず軽すぎずで良好。

また、ステアリングを切ったときの反応も、ビジィー過ぎず、フリー過ぎずちょうど良い感じでした。

ドイツ車のようにカッチリした感じはないのですが、日本車離れした上質な走りは、かなり独特で、これこそが、独自の哲学で走りを追及してきた、スバルならでは走りなんだろうなと、感動しました。

一つ残念だったのが、パワー不足の面でしょう。

先代のガソリンエンジンが、2.0リッターで、今回が2.5リッターと、スペック上はパワーアップしているのですが、低回転域でのトルクが足りていない印象です。

試乗コースでロングストレートがあり、アクセルを強めに踏み込んでみたのですが、明らかに加速がワンテンポ遅れる感じでした。

また、車内にかなり逞しいエンジン音が響いて、静粛性の課題も見えてきました。

ちなみに、ドライブモードでスポーツモードを選択できたので、変更してみましたが、確かにアクセルレスポンスは向上したものの、もう少し頑張ってほしいような印象です。

今回からターボが廃止になっているので、9月に販売開始になるハイブリットに期待ですね。

ただ、普段使いがほぼ街乗りということであれば、2.5リッターガソリンエンジンでもじゅうぶんでしょう。

試乗の最後に、アイサイトの自動ブレーキのテストもさせていただきました。

今まで、いろいろな車を試乗してきましたが、自動ブレーキのテストを実際にさせていただいたのは初めてでした。

スバルのアイサイトは、先進安全装備の中でも定評があり、他の国産車の中でも一番いいという評価をよく耳にします。

実際にテストまでさせてもらえるということは、自信の裏返しなのでしょうね。

新型フォレスターガソリン車スペック(Touring X-BREAK Premium)

ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,625×1,815×1,715mm(ホイールベース:2,670mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,530kg
燃費JC08モード:14.6km/L
エンジン種類2.5L DOHC 直噴
最高出力(kW(PS)/rpm)136kW(184ps)/5800rpm
最大トルク(N・m/rpm)1136N・m(184kgf・m)/5800rpm
タンク容量63L
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
トランスミッションリニアトロニック

新型フォレスターをお得に買うために

【フォレスター】 価格表 グレード新車価格
2.5 ツーリング 4WD CVT280.8万円
2.5 プレミアム 4WD CVT302.4万円
2.5 エックスブレイク 4WD CVT291.6万円
2.0 アドバンス 4WD CVT310万円

もし今乗っている車を売って、フォレスターに買い替えをお考えなら、ぜひ車一括査定を活用しましょう。

車の一括査定は、ネット上で簡単な登録をするだけで、複数の買取店の中から1番高く買い取ってくれる店を選べる便利なサービスだからです。

車が高く売れれば、そのぶん高いグレードを選択できるようになりますし、高額オプションを付けることもできますからね。

電話が嫌!一括査定以外で車を高く売る方法は?

車一括査定を利用すれば高価買取が実現する事はおわかりいただけたと思いますが、

複数の買取店からの電話や査定の対応がストレス!

という人には「楽天Carオークション」という手があります。

  • 申し込み後、電話と車の検査はたった1回だけ
  • カンタン・スピーディーに車の売却が可能
  • 陸送手配・名義変更など面倒な手続きはすべて楽天カー株式会社が対応
  • 車の検査・オークション出品・書類の手続き・車の引き取りは全て無料!

楽天IDをお持ちの方は1分で申し込み完了!

このサービスも、一度チェックしておく価値はありますよ〜!

\ 営業電話ナシ◎「簡単・安心」ならコレ /

買取相場より30万円以上高く愛車を売る方法

  • ディーラーで下取りしてもらおうと思っている
  • 査定出すの面倒だし
  • どうせ大した価格つかないでしょ

と何もしないままだと、場合によって数十万円損をすることがあります。

どうせなら、1万円でも高く売りたくないですか??

\ 45秒でわかる!! /
ディーラーの下取りだけで売却を決めてしまうと、
愛車の本当の価値で価格をつけてもらえたとはいえません。

複数業者に相見積もりをとると適正価格の把握ができる。

また、競わせることで査定額が跳ね上がるということもあります。

ディーラーに行く前に一括見積で愛車の価格を査定しておく事がとても大切です。

売ってしまってから、相場を知って後悔しないように

スマホで簡単にわかる。カンタン無料一括査定で賢く情報収集しておきましょう。

愛車の最高額がわかる!45秒一括査定依頼はこちら

車一括査定おすすめのサイト

ナビクル車査定【無料】

◆45秒で愛車の概算価格もすぐにわかる!!
◆一流業者の安心査定 信頼と実績のある車買取業者がしっかりとサポート
◆最大10社からあなたの愛車の一番高い買取り価格がまるわかり!

楽天Carオークション【無料】

◆電話と検査は一度だけ・営業電話はナシ‼︎
◆オークションで相場価格より高く売れる可能性あり◎
◆楽天IDがあれば1分で簡単に申込完了

ズバット車買取比較【無料】

◆下取りよりも平均で16万円も高く売れた!
◆有名業者から、地域密着の業者まで207社の買取り業者が参加!日本最大級規模!

試乗レポート
スポンサーリンク
クルマ好きのカーライフブログ car-nico

コメント

タイトルとURLをコピーしました