YouTubeはこちら  Twitterはこちら

【人気の軽自動車比較】売れ筋はこの5台!広くて使えて高く売れるのはこれだ

miniminivan-eye 車の選び方

昨今、SUVが世界でムーブメントを起こしていますが、2017年3月~2018年4月の新車販売台数ランキングを見ると、日本で圧倒的に売れているのはズバリ軽ワゴン!

主要メーカーの軽ワゴンのすべてが、ランキングのトップ10に入っています。

理由は、安くて、低燃費で、機能的なところ。

また、全体的に需要が高い為、軽ワゴンはリセールバリューが優れているのもポイントです。

今回はそんな大人気の軽ワゴンの人気車種を、徹底比較していきたいと思います。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

ホンダ N-BOX

n-box

価格:1,385,640円~
燃費:(JC08モード23.0km/L~27.0km/L)
新車販売台数ランキング1位

2017年の新車販売台数は223,449台で堂々の第1位。

2位のプリウスが149,083台なので、7万台以上の差をつけてぶっちぎりの1位となっています。

エンジンルームのやりくりと、テールゲートの工夫で実現した、圧倒的に広い室内空間。

他社にはない優れた利便性が人気。

2017年秋のモデルチェンジでプラットフォームが見直されたことにより、

ウィークポイントだった走行性能が向上。

非の打ち所がないように見える中で、あえてマイナスポイントを上げるとすれば、ずばり収納。

助手席のスーパースライドは機能的だが、それが付くことによって、本来運転席と助手席の間にあるべき収納が存在しない。

慣れるとなんてことないかもしれないが、気になる人は気になるポイント。

ダイハツ ムーヴ

miniminivan-hikaku1

価格:1,112,400円~
燃費:(JC08モード25.6km/L~31.0km/L)
新種販売台数ランキング3位

販売台数145,643台は2位のプリウスに迫る勢い。

動力性能と足回りに定評があり、走りの面ではN-BOXを上回る印象。

安全アシスト系の性能も高い評価を得ているので、ファミリー世帯からの指示も厚い。

とにかく、自動車としての基本性能が高く、優等生の印象です。

唯一弱点を上げるとすれば、「ムーヴならでは」という特化したものがないところ。

外見もこれと言って特徴がなく、デザインが古く感じてしまう。

日産 デイズ

miniminivan-hikaku2

価格:1,252,800円~
燃費:(JC08モード21.8km/L~25.8km/L)
新車販売台数ランキング4位

販売台数は136,505台。

日産の中ではノートをかわし1位の販売台数を記録。

走行性能ではムーブに一歩及ばずという印象。

多人数で、坂道などを走る際のパワー不足も気になるところです。

ただ、実用性の面ではデイズルークスの居住性の広さが光ります。

全ての面で平均点以上の性能を持ち合わせているデイズは、さすがトップ5に入る車といえます。

そんなデイズのもう一つの強みは、何と言ってもデザイン!

外見もカッコいいですが、内装の雰囲気もエレガント!

ダイハツ タント

miniminivan-hikaku3

価格:1,220,400円~
燃費:(JC08モード24.6km/L~28.0km/L)
新車販売台数ランキング5位

販売台数134,660台。

デイズにわずかに及ばずの販売台数。

タントといえば、「ミラクルオープンドア」!

スライドドアを開ければ、開口部は驚きの1480mmにもなり、ベビーカーを畳まずに積み込めるほど。

子育てママにはドンピシャに刺さる機能ですよね。

また、シートアレンジも多彩で、ターゲットユーザーをしっかりと意識したつくりが、支持される理由でしょう。

また、意外にも走りの面でもなかなかの性能を見せます。

あえて弱点を上げるとするならば、パワー面で少し不安がある点でしょうか。

スズキ スペーシア/カスタム

miniminivan-hikaku4

価格:1,333,800円~
燃費:(JC08モード24.0km/L~30.0km/L)
新車販売台数ランキング9位

販売台数113,691台。

スペーシアの特徴は、なんといっても取り回しがよく運転しやすい点!

室内空間、荷室の広さがかなり広く、実用性の面ではN-BOXをしのぐ実力持つ。

ウィンドウ面積が広く、死角も少ないので、運転が苦手な人でも安心して乗れる1台になっています。

衝突軽減ブレーキなどの安全装備も進化しているので、その点もポイントが高いところ。

そんな便利なスペーシアですが、弱点は走行性能です。

直進安定性やハンドリングが物足りないのと、パワー不足も否めません。

まとめ

今最も売れている軽ワゴン5車種をご紹介しました。

値段や燃費を見るだけだと横並びに見えますが、各車独自の特徴があることを確認いただけたかと思います。

個人的には、販売台数にも現れているとおり、N-BOXが頭1つ抜けている印象ですが、人によって好みがありますので、是非ご自身にあった車両を見つけていただけたらと思います。

気に入った1台が見つかったら、あとはオプションの選択になりますが、せっかく本体価格の安い1台を見つけても、オプションで結構費用がかさんでしまった。というのはよくある話。

ただ、気に入った車にはそれなりのオプションを付けたいのも心情。

そんな悩みを解決する方法は、今乗っている車を高く売却することです。

一番高く買い取ってくれる業者を選ぶ方法として、車一括査定がおすすめです。

高く売れればその分、好きな車を選べますし、付けたいオプションを付けられますからね。

電話が嫌!一括査定以外で車を高く売る方法は?

車一括査定を利用すれば高価買取が実現する事はおわかりいただけたと思いますが、

複数の買取店からの電話や査定の対応がストレス!

という人には「ユーカーパック」という手があります。

\かんたん、安心、高く売れる!/

以前に比べると知名度もかなり上がってきましたが、ユーカーパックとは申込サイトに登録すると、電話連絡や査定対応はユーカーパック1社だけが実施し、それでいて最大5,000社が参加するオークションに愛車を出品できる為、相場の買取価格よりも高値が付きやすいというまったく新しい査定の形となっています。

気になる人はこちらの記事もチェックしてみてください!!

>>【ユーカーパック徹底解説!】車一括査定と比べてお得なのはどっち?

買取相場より30万円以上高く愛車を売る方法

  • ディーラーで下取りしてもらおうと思っている
  • 査定出すの面倒だし
  • どうせ大した価格つかないでしょ

と何もしないままだと、場合によって数十万円損をすることがあります。

どうせなら、1万円でも高く売りたくないですか??

\ 45秒でわかる!! /
ディーラーの下取りだけで売却を決めてしまうと、
愛車の本当の価値で価格をつけてもらえたとはいえません。

複数業者に相見積もりをとると適正価格の把握ができる。

また、競わせることで査定額が跳ね上がるということもあります。

ディーラーに行く前に一括見積で愛車の価格を査定しておく事がとても大切です。

売ってしまってから、相場を知って後悔しないように

スマホで簡単にわかる。カンタン無料一括査定で賢く情報収集しておきましょう。

愛車の最高額がわかる!45秒一括査定依頼はこちら

車一括査定おすすめのサイト

ナビクル車査定【無料】

◆45秒で愛車の概算価格もすぐにわかる!!
◆一流業者の安心査定 信頼と実績のある車買取業者がしっかりとサポート
◆最大10社からあなたの愛車の一番高い買取り価格がまるわかり!

ユーカーパック【無料】

◆電話も査定も1社だけなので煩わしくない!
◆最大5,000社以上の公開入札で相場より高く売れる

ズバット車買取比較【無料】

◆下取りよりも平均で16万円も高く売れた!
◆有名業者から、地域密着の業者まで207社の買取り業者が参加!日本最大級規模!

車の選び方
スポンサーリンク
クルマ好きな夫と嫁のカーライフブログ car-nico

コメント

タイトルとURLをコピーしました