YouTubeはこちら  Twitterはこちら
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

これがミニバン!?類を見ない最上級の乗り味【VWシャラン試乗レポート】

試乗レポート

日本では、長らくミニバンが車市場を席捲してきました。

しかし、昨今はSUVの台頭もあり、車に対して乗り心地や走行性能を求めるユーザーも増えてきたように思います。

ただ、走行性能に憧れを持っていても、ミニバンのユーティリティーは、なかなか捨てられないものですよね。どこかに良い車はないでしょうか。

そんな声に対して、わたしはフォルクスワーゲンのシャランをオススメします。

日本で人気のスライドドア仕様のフルサイズミニバンですが、ドイツ生まれのミニバンということもあり、走行性能にも定評があります。

ということで、今回はフォルクスワーゲン・シャランに試乗してきましたので、詳細をレポートしていきたいと思います。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

フォルクスワーゲン・シャランとは

7人乗りのラージサイズミニバンとして、1995年に初代シャランが登場。

初代はフォードと共同開発しましたが、2代目からはフォルクスワーゲンで独自開発しています。

シャランは日本では人気のスライドドアを採用しており、また、ユーティリティー性能も抜群で非常に優れた使い勝手を実現しています。

2列目シートが3座独立している仕様も日本では珍しく重宝するでしょう。

ボディサイズは、全長4855mm×全幅1910mm×全高1750mmと大柄で、特に全幅は日本が誇るフルサイズミニバンである、アルファードよりワイドになっています。

車重は1820kgと結構な重量がありますが、エンジンの排気量は驚きの1.4L。

エンジンスペックは最高出力150馬力、最大トルク250Nmと心細い感じに見えますが、それを感じさせない走りを実現しているあたりが、さすがフォルクスワーゲン!といったところ。

燃費も非常に優秀で15km/Lとのことで、日本市場で受け入れられる条件はじゅうぶんに揃っているように感じます。

フォルクスワーゲン シャラン試乗

走り出してすぐに感じたのは、どっしりとした重厚感です。

サスペンションは非常にしなやかで、それでいてフラット感はしっかりしているため、高級車に乗っている感覚になりました。

1820kgの車両を1.4Lのエンジンで動かしているため、かなりもっさりした走りになるのかな、という印象でしたが、なかなかどうして機敏な加速を見せてくれます。

同じ1.4Lの日本車では味わえないようなトルクフルな加速は、さすがフォルクスワーゲン!といえるのではないでしょうか。

長めの上り坂でアクセルの踏み増しをしても、しっかりと期待どおりの追い加速をしてくれるあたりも非常に満足です。とても1.4Lとは思えない性能ですね。

ステアリングは、クイックで重いです。

これは好みの問題が大きいと思いますが、例えばホンダのステップワゴンに乗っている人がシャランに乗ると、最初はけっこうステアリングが重くて違和感があるかもしれません。

最近のVWの車は、軽めで軽快なステアリングフィールをしている車が多いので、シャランは一線を画す存在ですね。

個人的にはBMWの感覚に似ていてシャランのステアリングフィールは大好きです。

静粛性能は極めて高く、車内は外の世界と完全に切り離されているように静かでした。

実は試乗当日は強風が吹き荒れるような天気だったのですが、まったく感じませんでした。

しょうじきミニバンでここまで静粛性能を高めている車は乗ったことがありません。

もう一つ特筆すべきポイントは、ズバリ直進安定性能でしょう。

ドイツ車は直進安定性が優れているという話はよく聞きますが、シャランも例外ではありません。

高速走行時にステアリングの微調整が必要な場面はほぼ皆無で、このクオリティーを実現しているミニバンは国産では残念ながら見つかりません。

シャランはロングドライブでも疲れづらい車といえると思います。

全長が長く、全幅がワイドなため、ユーティリティー性能は抜群です。

3列目シートへの乗り込みも非常に簡単で、2列目シートの肩口にあるレバーを引きながらシートを1列目側へ倒すと、スライドしながら2列目シートが倒れ、大開口が現れます。

なんなく操作でき、簡単に乗り込めるよう配慮されているところが、とても好感を持てますね。

また、シャランの3列目は、トゥーランの3列目よりもかなり広いスペースが確保されているところもポイントです。

いかがだったでしょうか。

ユーティリティー重視から、走りの楽しさ重視へと、ユーザーの意識がシフトしてきていますが、シャランはその両方のニーズを叶える、数少ないモデルだと思います。

多人数で乗れて、走行性能も本格派。日本のミニバンユーザーが輸入車に買い替える際の受け皿として、こんなに適した車も他にないのではないでしょうか。

「フォルクスワーゲン・シャラン」をお得に買うために

【シャラン】 価格表 グレード新車価格中古価格
TSI Trendline368万円
TSI Comfortline403万円79~386万円
TSI Highline479万円84~439万円

あまり目立たない存在ですが、高級ミニバンとして、シャランは間違いなく最高の1台でした。

ただ、上に記したレポートはあくまでわたしの主観です。

感じ方は人それぞれ違いますから、実際にディーラーで試乗してみることをおすすめします。

そこで1つご注意。

ディーラーに行く前に必ずしなければいけない準備があります。

それは、自分の愛車がいくらで売れるのかを調べておくことなのですが、それをするのとしないのとでは、車の購入時に30万円以上差が出てくる可能性があるのです。

愛車の価格を把握しないでディーラーに行くと、下取りで愛車を安く買い叩かれてしまい、大損をしてしまう可能性が高いのです。

そうならないように、ディーラーに行く前には必ず自分の愛車がいくらで売れるのかを調べておきましょう。

愛車がいくらで売れるのかを調べるには、車の一括査定サイトをおすすめします。

車の一括査定は、ネット上で簡単な登録をするだけで、複数の買取り店の中から1番高く買い取ってくれる店を選べる便利なサービスだからです。

愛車が高く売れれば、そのぶんフォルクスワーゲン・シャランを買いやすくなりますし、いろいろなオプションを付けることもできますからね。

もはや常識!あなたは使ってる?「車一括査定」

【車一括査定のメリット】
・スマホで45秒!簡単に申し込みできる
・一度で複数社から見積を取れる
・愛車の買取り相場をその場で確認

一括査定の最大のメリットは愛車の買取り額の相場を正確に知る事ができることです。

1社だけだと出された金額が妥当なのか正しい判断はできません。

結果言い値で売却することになり損する事も。。。

一方で複数社で見積もりを取ると…

  • 買取り金額の相場を確認できる
  • 競争原理が働き買取額アップも

申し込み後すぐに買取り相場を見る事ができるのも◎。

相場を知っているだけでディーラーで下取りをお願いする場合にも金額交渉の材料として使えます。

事前準備として一括査定を利用する〜という方法も非常にオススメです!!

\ 45秒でわかる!! /

車一括査定のデメリット

一括査定のデメリット(注意点)もあります。

それはずばり…

「申し込み後に電話が殺到する事」です。

私も初めて使った時にビビった記憶があります笑。

でもこれはある意味喜ばしいことで、

あなたの車に需要があるということですよね。

誰からも電話来なかったら…逆に切ない気もしますね…ぴえん。

このデメリットへの対策はシンプル。

「時間がある日に申し込むこと」

電話がかかってき欲しくないタイミングを避けるだけでOK。

一番高く買い取ってくれる優秀な担当さんに出会えますように^^♪

車一括査定おすすめのサイト

ナビクル車査定【無料】

◆45秒で愛車の概算価格もすぐにわかる!!
◆一流業者の安心査定
◆信頼と実績のある車買取業者がしっかりとサポート
◆最大10社からあなたの愛車の一番高い買取り価格がまるわかり!

MOTA車買取【無料】

◆やりとりは高額査定の3社(最大)だけ
◆厳選された高値買取店との交渉のみでOK!
◆複数社がオンライン査定、翌日18時に査定額を一斉表示

ズバット車買取比較【無料】

◆下取りよりも平均で16万円も高く売れた!
◆有名業者から、地域密着の業者まで207社の買取り業者が参加!日本最大級規模!

試乗レポート
スポンサーリンク
シェアする
クルマ好きのカーライフブログ car-nico

コメント

タイトルとURLをコピーしました