YouTubeはこちら  Twitterはこちら

【諸費用カット術】憧れの輸入中古車を50万円以上安く購入しよう!

車の選び方

車を購入する際に、見積もりを出してもらうと、「あれっ……思っていたよりも高いな」と思ったことありませんか?それは、車体本体の価格に購入時の諸費用が乗っているからなのです。

諸費用は、一般的に車両本体お10%~20%が相場とされていますが、結構な金額ですよね。よくわからずに、大金を持って行かれるだなんて、なんだかモヤモヤします。

諸費用とはいったいどんな費用なのでしょうか。

今回は、車購入時の諸費用の内訳と、諸費用カット術の詳細をレポートしていきたいと思います。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

中古車購入時にかかる諸費用の内訳

法定費用代行費用
自動車税車両登録代行費用
自動車重量税車庫証明代行費用
自動車取得税納車時輸送費用
自賠責保険洗車、クリーニング費用
リサイクル料
消費税

中古車を購入する際は、車両本体価格のだいたい10%~20%の諸費用が掛かります。

諸費用は、大きく分けて税金関係の「法定費用」登録手続き手数料の「代行費用」の2つ。

それぞれの詳細をのぞいてみると、上記のような費用がかかっています。

法定費用は削ることができませんから、

代行費用をいかに節約するかがポイントになっています。

法定費用(税金)の詳細について

◆自動車税

自動車税とは、排気量によって金額が異なる税金です。

中古車購入時の翌月から、次の3月までの分を一括して支払わなければいけません。

※軽自動車はどのタイミングで購入しても10,800円の固定になっています。

例えば排気量2Lの車を4月に買った場合は、購入時の自動車税は36,200円となり、12月に購入した場合は9,800円となります。

また、3月に購入した場合はこの税金が初回0円になるのもポイントです。

◆自動車重量税

購入した車両の重さによって決まる税金です。

基本的には車検時に、有効期間分をまとめて支払う税金のため、車検が残っている中古車を購入する場合は次の車検までは支払不要です。

◆その他の税金

  • 自動車取得税
  • リサイクル料
  • 自賠責保険
  • 消費税

いずれにしても、上記の法定料金の値引きは無理ですから、参考までに。

【無料】45秒でわかる!愛車を30万円以上高く売る方法

カットも可能な代行費用の詳細について

車両登録代行費用について

購入する車を自分名義に変更するための登録代行費用で、頑張って自分でやってしまえば0円にできます。

販売店によって金額設定が違いますので一概に言えませんが、相場としては3万円前後のようです。結構大きい額になりますので、ご自身でやると結構費用を節約できます。

車庫証明代行費について

車庫証明とは、購入する車を保管する場所をしっかり確保していますという証明書になります。

相場としては、この代行費用は2万円ほど取られる場合があるようなので、できることなら自分で手続きしてしまったほうが良いと思います。

車庫証明取得は自宅住所を管轄している警察署で行いますが、書類を作成したらその日にもらえるわけではありません。だいたい書類提出から1週間以上かかりますので注意が必要です。

証明書の準備ができたらもう一度警察署に行きます。印紙代と手数料で、2,500円ほど必要になるのと、念のため認印も準備して行ってください。

納車費用について

納車費用は、運ぶ距離によって設定されていることがほとんど。

販売店が近隣にあり、30分以内で届けられそうな場合は1万円以内で収まります。

一方、販売店が遠方で1時間以上かかってしまう場合、納車費用は3万円程度掛かる可能性もありますので、なるべく削りたいポイントですよね。

もし購入した車を、店舗まで取りに行くことが可能であれば、納車費用は、交渉で0円にできるかもしれません。

ただ、一概に0円になるとは言い切れないので、購入店舗に確認し、交渉してみてください。

クリーニング費用について

クリーニング費用はピンキリですが、中には5万円ほど諸費用に乗せているような店舗もあるようです。

中古車販売店としても、この項目は利益を乗せやすい項目で、結構盛っているケースがあるようなので、ここは交渉のポイントかもしれませんね。

具体的にどこをどうクリーニングするのか、本当にそれだけ費用がかかるものなのか、また、実車を見て確認し、そこまでの清掃は必要ないのでカットしてほしいという交渉はできるはずです。

まとめ

車両登録代行費 :3万円程度
車庫証明    :2万円程度
納車費用    :1万円程度
クリーニング費用:5万円程度

合計11万円!!

この11万円が値引きの幅になりますので、購入希望の車の取引相場をあらかじめリサーチしておいて、値引き交渉にのぞみましょう。

また、「条件によっては今日中に買う」という熱意を前面に押し出して臨めば、営業さんは絶対に頑張ってくれるはずです。

中古車を更に安く買う方法とは!?

諸費用の値引き交渉が終わったら、次は今乗っている愛車をいかに高く売るかを考えましょう。そこをしっかりとできれば、普通に中古車を購入するよりも、最大で50万円は安く購入できることになるのです。

ほとんどの場合、実際に車を買う店舗で、今乗っている愛車を下取りに出してしまうのだと思いますが、実はそれが大きな間違いなのです。そもそも、1か所だけで買取り査定をすませようとすると、相場よりも低くなる傾向が顕著です。それは、1社査定だと価格を競う競合が不在だからなのです。場合によっては30万円以上損してしまうことも!

愛車の買取り価格で最高値を引き出す簡単な方法は、車一括査定を利用することです。

車一括査定とは、ネット上で必要な情報を1度入力するだけで、複数の買取り店の中から、1番高く買い取ってくれる店舗を選べる大変便利なサービスだからです。

必要情報を入力すると、すぐに概算価格が出るので、まずは愛車がいくらで売れるのかを調べてみましょう。

電話が嫌!一括査定以外で車を高く売る方法は?

車一括査定を利用すれば高価買取が実現する事はおわかりいただけたと思いますが、

複数の買取店からの電話や査定の対応がストレス!

という人には「ユーカーパック」という手があります。

\かんたん、安心、高く売れる!/

以前に比べると知名度もかなり上がってきましたが、ユーカーパックとは申込サイトに登録すると、電話連絡や査定対応はユーカーパック1社だけが実施し、それでいて最大5,000社が参加するオークションに愛車を出品できる為、相場の買取価格よりも高値が付きやすいというまったく新しい査定の形となっています。

気になる人はこちらの記事もチェックしてみてください!!

>>【ユーカーパック徹底解説!】車一括査定と比べてお得なのはどっち?

買取相場より30万円以上高く愛車を売る方法

  • ディーラーで下取りしてもらおうと思っている
  • 査定出すの面倒だし
  • どうせ大した価格つかないでしょ

と何もしないままだと、場合によって数十万円損をすることがあります。

どうせなら、1万円でも高く売りたくないですか??

\ 45秒でわかる!! /
ディーラーの下取りだけで売却を決めてしまうと、
愛車の本当の価値で価格をつけてもらえたとはいえません。

複数業者に相見積もりをとると適正価格の把握ができる。

また、競わせることで査定額が跳ね上がるということもあります。

ディーラーに行く前に一括見積で愛車の価格を査定しておく事がとても大切です。

売ってしまってから、相場を知って後悔しないように

スマホで簡単にわかる。カンタン無料一括査定で賢く情報収集しておきましょう。

愛車の最高額がわかる!45秒一括査定依頼はこちら

車一括査定おすすめのサイト

ナビクル車査定【無料】

◆45秒で愛車の概算価格もすぐにわかる!!
◆一流業者の安心査定 信頼と実績のある車買取業者がしっかりとサポート
◆最大10社からあなたの愛車の一番高い買取り価格がまるわかり!

ユーカーパック【無料】

◆電話も査定も1社だけなので煩わしくない!
◆最大5,000社以上の公開入札で相場より高く売れる

ズバット車買取比較【無料】

◆下取りよりも平均で16万円も高く売れた!
◆有名業者から、地域密着の業者まで207社の買取り業者が参加!日本最大級規模!

車の選び方
スポンサーリンク
クルマ好きな夫と嫁のカーライフブログ car-nico

コメント

タイトルとURLをコピーしました