YouTubeはこちら  Twitterはこちら

絶対ダメ!修理や即決など車を売るときにやってはいけない5つの事

車を高く売る

車を売る機会は、人生でそう何度もおとずれません。なので、なるべく高値で愛車を売りたいと、みなさん思うはずです。

今回は、愛車を高値で売却するうえで、絶対やってはいけない5つのNGをご紹介します。

【無料】車一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

車売却前に故障の修理やヘコミの補修はやってはいけない

車の売却のきっかけになりやすいのが、車の故障なのではないでしょうか。

今の車はいくら故障が少ないと言え、さすがに10年10万キロを走行すると、所々ガタが出てきます。

板金塗装が必要な傷やへこみを含め、故障があった場合は、

”修理してキレイにしてから買取り査定してもらうと有利なのでは?”

と考える人も少なからずいると思います。

当然の心理として、大きなヘコミがある車を、そのまま査定に依頼するなんて、結構勇気が要りますもんね。

ですが、買取り査定前に、費用のかかる補修や修理は絶対にしてはいけません。

確かに、ヘコミや故障をそのままで査定を依頼するよりも、補修や修理を済ませてから査定依頼したほうが、金額自体は高くなります。

ですが、補修や修理でかかった金額をペイできるほどの差は生まれないことがほとんどなのです。

なので、結果からしたら補修や修理はしないほうがお得になるのです。

汚いままで行く

車が汚いままで買取り査定に依頼するのも避けた方がいいでしょう。

やはり、汚れたままの車両は印象が悪く、査定額に影響を及ぼす可能性があります。

実は、これには反対の意見もあるのですが、減額される可能性がある以上しっかりとキレイにしたほうが無難ということです。

ただ、お金をかけてまでクリーニングする必要はありません。あくまでも、自分でできる範囲で掃除と洗車を実施しましょう。

シートの汚れは、濡れたタオルでしっかりと拭きます。

もし汚れが落ちなかったとしても、薄まるだけでも印象としては違います。

不要な荷物は降ろしてスッキリさせておくこともテクニックの一つとなります。

とにかく、不要に査定士の印象を悪くすることは避けた方がよいでしょう。

横柄な態度

査定士とはあくまでも対等の立場で接しましょう。

気をつかってへりくだる必要はまったくありませんが、高圧的に出るようなことは絶対NGです。

交渉事の鉄則ですが、フラットな感情を心がけるようにしましょう。

自分が客の立場のとき、金額交渉する先が複数あると、人は上位にあるような錯覚を感じてしまうことがあります。

そうそうないとは思いますが、

「買取り金額○○円では安すぎる!他に依頼してもいいんだぞ」

なんて言った日には、

「どうぞご勝手に」

となってしまいます。

査定士も人間ですから、カチンとくる客に対して、高値の買取り額を提示することはまず考えられません。

その辺はわきまえて、対等の立場で紳士的に対応しましょう。

こちらの誠意に対しては、必ず誠意で返してくれるはずです。

ディーラー下取り

ディーラーで下取りした場合、中古車買取り店で車を売却したときの金額と比べると、下がってしまうことがほとんどです。

提示される下取り金額が高値に見えたとしても、ディーラー側は本体価格との差し引きで高く見せることができるため、あまりあてになりません。

車の売却金額と、購入する車の値引きは、分けて交渉すると効果的にその最大値を引き出せます。

ちなみに、車の売却は、ディーラーの下取りではなくて、中古車買取り店へ買取り依頼するほうが、数十万円も高く売れる場合があります。

数万円ではなく、数十万円ですから、購入車種のグレードアップや、高価オプションの導入もできてしまう金額です。

ということで、私はディーラーの下取りは絶対に避けるべきだと考えています。

即決

即決は、もっともやってしまうNG行為ですが、私もかつて、やらかしてしまった経験があります。

ちなみに私のケースは、車を売るつもりはなく、とりあえず話を聞きに行ってみようと某買取り店に車を持ち込んだのですが、その日のうちに車の売却と、新しい車の購入の手続きをしてしまいました。

車の売買を即決なんて、今考えると本当に恐ろしいことですが、営業さんのトークが本当に上手で、完全にのせられてしまいましたね。

ということで、やり手の営業さんにあたると、断ることができなくなってしまうのです。

ましてや、「今日決めてくれたら○○円上乗せで買取ります。後日になると…」なんて言われてしまうと、のせられて契約しているのに、だいぶ得した気分さえ抱いてしまうものです。

ただ、それは完全に錯覚です。

買取り金額を、1社しか見積もりを取っていないということは、競争原理が一切働いていないため、買取り店の都合のいい金額になってしまっているのです。

見積もりは1社分だけ取ってもまったく意味をなしません。

営業さんのトークにのまれてしまわないように、そこはしっかりと意識して即決にNOを言いましょう!

高価買取を実現するために、見積もりは、必ず最低3社以上から取ることをおすすめします。

車一括査定を活用して高値を引き出そう

上記5つのポイントを注意して、3社以上から買取り査定の相見積もりを取ることで、買取り金額の最高額を引き出せるでしょう。

ちなみに、3社以上から見積もりを取るのにおすすめなのが、「車一括査定」になります。

簡単な登録フォームに必要事項を入力するだけで、最大10社分いっぺんに査定依頼をかけることができてしまいます。

車一括査定に不安を感じている人は下記の記事も参考にしてみてください↓

使わないと損をする!車一括査定とは?あなたの不安を解消します
車一括査定って最近よく見かけるけど、あやしくないのかな……。なんて思っていませんか?車一括査定を使うべき理由を解説し、あなたの不安を一掃します。

車一括査定サイトランキング

ナビクル車査定【無料】

◆45秒で愛車の概算価格もすぐにわかる!!
◆一流業者の安心査定 信頼と実績のある車買取業者がしっかりとサポート
◆最大10社からあなたの愛車の一番高い買取り価格がまるわかり!

ユーカーパック【無料】

◆電話も査定も1社だけなので煩わしくない!
◆最大5,000社以上の公開入札で相場より高く売れる

ズバット車買取比較【無料】

◆下取りよりも平均で16万円も高く売れた!
◆有名業者から、地域密着の業者まで207社の買取り業者が参加!日本最大級規模!

電話が嫌!一括査定以外で車を高く売る方法は?

車一括査定を利用すれば高価買取が実現する事はおわかりいただけたと思いますが、

複数の買取店からの電話や査定の対応がストレス!

という人には「ユーカーパック」という手があります。

\かんたん、安心、高く売れる!/

以前に比べると知名度もかなり上がってきましたが、ユーカーパックとは申込サイトに登録すると、電話連絡や査定対応はユーカーパック1社だけが実施し、それでいて最大5,000社が参加するオークションに愛車を出品できる為、相場の買取価格よりも高値が付きやすいというまったく新しい査定の形となっています。

気になる人はこちらの記事もチェックしてみてください!!

>>【ユーカーパック徹底解説!】車一括査定と比べてお得なのはどっち?

買取相場より30万円以上高く愛車を売る方法

  • ディーラーで下取りしてもらおうと思っている
  • 査定出すの面倒だし
  • どうせ大した価格つかないでしょ

と何もしないままだと、場合によって数十万円損をすることがあります。

どうせなら、1万円でも高く売りたくないですか??

\ 45秒でわかる!! /
ディーラーの下取りだけで売却を決めてしまうと、
愛車の本当の価値で価格をつけてもらえたとはいえません。

複数業者に相見積もりをとると適正価格の把握ができる。

また、競わせることで査定額が跳ね上がるということもあります。

ディーラーに行く前に一括見積で愛車の価格を査定しておく事がとても大切です。

売ってしまってから、相場を知って後悔しないように

スマホで簡単にわかる。カンタン無料一括査定で賢く情報収集しておきましょう。

愛車の最高額がわかる!45秒一括査定依頼はこちら

車一括査定おすすめのサイト

ナビクル車査定【無料】

◆45秒で愛車の概算価格もすぐにわかる!!
◆一流業者の安心査定 信頼と実績のある車買取業者がしっかりとサポート
◆最大10社からあなたの愛車の一番高い買取り価格がまるわかり!

ユーカーパック【無料】

◆電話も査定も1社だけなので煩わしくない!
◆最大5,000社以上の公開入札で相場より高く売れる

ズバット車買取比較【無料】

◆下取りよりも平均で16万円も高く売れた!
◆有名業者から、地域密着の業者まで207社の買取り業者が参加!日本最大級規模!

車を高く売る
スポンサーリンク
クルマ好きな夫と嫁のカーライフブログ car-nico

コメント

タイトルとURLをコピーしました