YouTubeはこちら  Twitterはこちら

BMW X2のおすすめカラーは、ずばり!「ガルバニック・ゴールド」

車の選び方

BMW X2とは、X1とプラットフォームを共有する、Xシリーズで1番コンパクトなSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)です。

ミレニアル世代をターゲットとして開発されたX2は、BMWとしては非常に挑戦に満ちた革新的なデザインをしています。また見た目だけではなく、走りの完成度も非常に高いことも評価され、2018年の日本カーオブザイヤーの10ベストカーに選出された実力派です。

そんな話題のBMW X2ですが、実際にX2への買い替えを考えている人は結構多いのではないでしょうか。

でも、せっかくBMWを買うのであれば、ボディーカラーの選択は絶対に間違いたくないポイントですよね。

ということで、今回はBMW X2のカラーラインナップと、おすすめカラーの紹介をしていきたいと思います。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

ブラックⅡ(Standard限定)

ブラックⅡはソリッド系のブラックで、多少扱いが難しいかもしれません。

ボディーカラーの中でも一番キズや汚れが目立つ色とされており、洗車時の拭きキズにも注意が必要なほどです。

ただ、ワックスがけが終わった後の漆黒は、心を奪われるような高級感を放ち、全カラーの中でもナンバーワンの美しさと言えます。

アルピン・ホワイトⅢ(M Sport X限定)

BMWを代表するカラーのアルピン・ホワイト。

ソリッド系のホワイトなので、日の光を受けたときの輝きは、思わず目を奪われます。

混じりけがないため、発色が非常によく、ハッとする純白をしており、万人受けするカラーといえます。

また、日本ではホワイトのボディーカラーは、高級車の代名詞のような扱いなので、所有感も満たしてくれるでしょう。

ブラック・サファイア

メタル系のブラック。

遠目から見たら、ソリッド系の「ブラックⅡ」のほうが深い漆黒で美しいかもしれませんが、ブラック・サファイアはメタル系なので、近くで見た際の煌めきは非常に美しいです。

ブラックⅡに比べれば多少キズは目立ちづらくなっているかもしれません。

【無料】45秒でわかる!愛車を30万円以上高く売る方法

スパークリング・ストーム・ブリリアント・エフェクト

ブロンズ系のメタリックカラーです。見かたによって、ブラックに見えたり、グレーに見えたり、オリーブカラーに見えたりと、なんとも不思議なカラーです。光の当たり具合で移り変わるカラーを纏っているため、街中で見かけると思わずくぎ付けになってしまいます。独特のオーラを纏っているのも特徴で、愛着がわきやすいカラーといえます。

メディテラニアン・ブルー

X3のイメージカラーになっていた、ファイトニック・ブルーを少し鮮やかにしたようなカラーです。

濃いめのブルーですので、スポーティーでいて落ち着きのある、バランスのとれたブルーといえます。

ミネラルホワイト

こちらも人気のホワイトですが、アルピン・ホワイトとの違いは、メタリック系なので、パールのようなキラメキ粒子が混ざっていることです。

遠めから見た感じだと発色の良いアルピン・ホワイトが勝っていますが、近くで見たときの美しさはミネラルホワイトが勝っています。

ホワイト系の2種は本当に好みによりますが、私はソリッド系ホワイトが好みですが、YOMEはメタル(パール)系のホワイトが好みとのことです。

グレイシャー・シルバー

3大人気カラーのひとつであるシルバー。汚れやキズが目立たないのが一番のメリットです。

また、リセールが高値を見込めるのも特徴です。

明るめのシルバーですので、昼間の太陽の下ではコントラストが飛んでしまって、良さが半減してしまいますが、夜の表情は一変。

立体的なキャラクターライン(見た目を良くする為に車体サイドにデザインされた表面の彫り込みや折れ目のライン)が、妖艶な輝きを放ち、にわかにセクシーになります。

ガルバニック・ゴールド

X2のイメージカラーになっており、非常に美しい、明るいゴールドをしています。

強烈な個性を放っていますので、「常識をこわす」というX2のコンセプトにはピッタリのカラーといえます。

サンセット・オレンジ

ガルバニック・ゴールドに並ぶ個性を放っています。

カタログにもこのカラーをした車体の写真がないため、イメージしづらいですが、実物は赤が強めのメタリックオレンジをしており、とても綺麗です。

運転者をもハイセンスに見せるような、洗練されたカラーといえるでしょう。

BMW X2のおすすめカラーはずばり!「ガルバニック・ゴールド」

X2はとにかく革新的なデザインをしており、現行のXシリーズの中でもかなり異彩を放ったモデルとなっています。

伝統を打ち破るキドニーグリルの形状や、ホフマイスター・キンクも象徴的ですが、とにかくかなり突き抜けた新しいデザインをしているので、普通の色が似合いません。

ブラックとホワイトのX2を街中で見ましたが、カドが取れてしまい、せっかくの個性を潰してしまっているように感じたのです。

そんな中でX2にマッチしたカラーはというと、ずばり「サンセット・オレンジ」か「ガルバニック・ゴールド」です。

特に、「ガルバニック・ゴールド」は、香取慎吾さんのCMの印象が強烈過ぎて、このカラーがX2の正規のカラーであると頭に刷り込まれてしまったような感じです。

そして、試乗で実際の「ガルバニック・ゴールド」のX2を目の当たりにしてしまい、もうやられてしまいました。

とびぬけてゴージャスで、このカラーのX2は他のカラーのX2よりもグレードが高いような錯覚さえ感じてしまったのでした。

ガンダムに出てくるザクも、緑のザクよりも赤いザクが強いように、ゴールドのX2は他より強いのだと……。

とはいえ、リセールを考えると「ホワイト」「ブラック」「シルバー」あたりが無難なんですけどね。

1つ参考にしていただけると幸いです。

BMW X2をお得に買うために

【X2】価格表 グレード 新車価格
sDrive18i 436万円
sDrive18i M Sport X 481万円
xDrive20i 474万円
xDrive20i M Sport X 515万円

車のボディーカラーが決まったら、そろそろ車選びも佳境に入ってくると思います。頭の中で近場のディーラーを思い浮かべている人もいるかもしれません。

そこで1つご注意。

ディーラーに行く前に必ずしなければいけない準備があります。

それは、自分の愛車がいくらで売れるのかを調べておくことなのですが、それをするのとしないのとでは、車の購入時に30万円以上差が出てくる可能性があるのです。

愛車がいくらで売れるのかを調べるには、車の一括査定サイトをおすすめします。

車の一括査定は、ネット上で簡単な登録をするだけで、複数の買取り店の中から1番高く買い取ってくれる店を選べる便利なサービスだからです。

愛車が高く売れれば、そのぶんX2を買いやすくなりますし、いろいろなオプションを付けることもできますからね。

電話が嫌!一括査定以外で車を高く売る方法は?

車一括査定を利用すれば高価買取が実現する事はおわかりいただけたと思いますが、

複数の買取店からの電話や査定の対応がストレス!

という人には「ユーカーパック」という手があります。

\かんたん、安心、高く売れる!/

以前に比べると知名度もかなり上がってきましたが、ユーカーパックとは申込サイトに登録すると、電話連絡や査定対応はユーカーパック1社だけが実施し、それでいて最大5,000社が参加するオークションに愛車を出品できる為、相場の買取価格よりも高値が付きやすいというまったく新しい査定の形となっています。

気になる人はこちらの記事もチェックしてみてください!!

>>【ユーカーパック徹底解説!】車一括査定と比べてお得なのはどっち?

買取相場より30万円以上高く愛車を売る方法

  • ディーラーで下取りしてもらおうと思っている
  • 査定出すの面倒だし
  • どうせ大した価格つかないでしょ

と何もしないままだと、場合によって数十万円損をすることがあります。

どうせなら、1万円でも高く売りたくないですか??

\ 45秒でわかる!! /
ディーラーの下取りだけで売却を決めてしまうと、
愛車の本当の価値で価格をつけてもらえたとはいえません。

複数業者に相見積もりをとると適正価格の把握ができる。

また、競わせることで査定額が跳ね上がるということもあります。

ディーラーに行く前に一括見積で愛車の価格を査定しておく事がとても大切です。

売ってしまってから、相場を知って後悔しないように

スマホで簡単にわかる。カンタン無料一括査定で賢く情報収集しておきましょう。

愛車の最高額がわかる!45秒一括査定依頼はこちら

車一括査定おすすめのサイト

ナビクル車査定【無料】

◆45秒で愛車の概算価格もすぐにわかる!!
◆一流業者の安心査定 信頼と実績のある車買取業者がしっかりとサポート
◆最大10社からあなたの愛車の一番高い買取り価格がまるわかり!

ユーカーパック【無料】

◆電話も査定も1社だけなので煩わしくない!
◆最大5,000社以上の公開入札で相場より高く売れる

ズバット車買取比較【無料】

◆下取りよりも平均で16万円も高く売れた!
◆有名業者から、地域密着の業者まで207社の買取り業者が参加!日本最大級規模!

車の選び方
スポンサーリンク
クルマ好きな夫と嫁のカーライフブログ car-nico

コメント

タイトルとURLをコピーしました